口の周りの粉をメディプラスゲルで防止する

肌の状態は、とても多彩です。人によっては、パウダーのようなものが発生してしまう事もあるのです。

例えば、冬の時期などは口の周りは要注意です。その付近はかなりデリケートな箇所で、空気の乾燥をなどにも弱いパーツと言えます。

このため肌がデリケートな女性などは、口の周辺に粉が吹いてしまうケースも多々あるのです。そして、粉吹きは大変目立ちます。メイクで何とかなると言っても、そもそも粉が発生しないに越した事はないでしょう。メイクの手間も大きくなってしまいます。

そういう時は、メディプラスゲルという製品を試してみると良いのです。メディプラスゲルは、保湿力にはとても大きな効果が期待できます。

メディプラスゲルは、浸透力は非常に強い製品になります。分子の体積が極めて小さく、肌の奥深くまで浸透してくれるのです。

その兼ね合いにより、肌の保湿力も大きく高められる訳ですが、それは上記の粉にも大きく関わってきます。やはり肌が乾燥しがちな方々は、どうしても口の周辺から粉が生じやすいです。しかしメディプラスゲルは浸透力も優れていますから、粉が出てこなくなる傾向があります。

特に冬の時期などはおすすめです。他のシーズンと比べても粉が出てくる確率が大変高いですから、メディプラスゲルで解決を試みると良いでしょう。

メディプラスゲル 口コミ情報

正しく洗って黒ずみ対策!デリケートゾーンの洗い方をマスターしよう!

デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、毎日のお風呂での洗い方が原因かもしれません。毎日のことなので、正しい方法をマスターすることが大切です。今すぐ実践できるデリケートゾーンの正しい洗い方をお教えします。

1.顔と同じように泡で洗うこと

デリケートゾーンをゴシゴシとボディ用タオルで洗っていませんか?これは、絶対NGです!顔をボディ用タオルでこすりませんよね?デリケートゾーンは、顔よりもずっと皮膚の層が薄いので、傷つきやすいのです。顔以上にやさしく丁寧に洗ってあげないと、傷ついて黒ずみなどのトラブルを引き起こします。デリケートゾーンを洗う時は、石鹸をしっかりと泡立てましょう。洗顔ネットを使うと簡単です。こすらず、泡の弾力でデリケートゾーンを洗ったら、そのまま1〜2分パックします。あとは、水流を弱めにしたぬるま湯のシャワーで数分間しっかり洗うことです。洗い残しがあると痒くなるので、アンダーヘアの間もしっかり洗いましょう。

2.膣の内側は洗わない!

ニオイがきになるからと、膣の内側まで洗う人がいますが、これはNG。肌に必要な常在菌まで洗い流してしまうので、感染症にかかりやすくなってしまいます。また、膣の周りはデリケートゾーンの中でも特に皮膚が薄いので、刺激は避けたいところ。黒ずみの原因は乾燥や、皮膚への刺激。お風呂は毎日のことですから、極力黒ずみになるような刺激は避けることが大切です。

デリケートゾーン黒ずみ解消ならここ