正しく洗って黒ずみ対策!デリケートゾーンの洗い方をマスターしよう!

デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、毎日のお風呂での洗い方が原因かもしれません。毎日のことなので、正しい方法をマスターすることが大切です。今すぐ実践できるデリケートゾーンの正しい洗い方をお教えします。

1.顔と同じように泡で洗うこと

デリケートゾーンをゴシゴシとボディ用タオルで洗っていませんか?これは、絶対NGです!顔をボディ用タオルでこすりませんよね?デリケートゾーンは、顔よりもずっと皮膚の層が薄いので、傷つきやすいのです。顔以上にやさしく丁寧に洗ってあげないと、傷ついて黒ずみなどのトラブルを引き起こします。デリケートゾーンを洗う時は、石鹸をしっかりと泡立てましょう。洗顔ネットを使うと簡単です。こすらず、泡の弾力でデリケートゾーンを洗ったら、そのまま1〜2分パックします。あとは、水流を弱めにしたぬるま湯のシャワーで数分間しっかり洗うことです。洗い残しがあると痒くなるので、アンダーヘアの間もしっかり洗いましょう。

2.膣の内側は洗わない!

ニオイがきになるからと、膣の内側まで洗う人がいますが、これはNG。肌に必要な常在菌まで洗い流してしまうので、感染症にかかりやすくなってしまいます。また、膣の周りはデリケートゾーンの中でも特に皮膚が薄いので、刺激は避けたいところ。黒ずみの原因は乾燥や、皮膚への刺激。お風呂は毎日のことですから、極力黒ずみになるような刺激は避けることが大切です。

デリケートゾーン黒ずみ解消ならここ