いじめにもつながってしまうムダ毛

okoru3私が自分の毛が濃いんじゃないかと思い出したのは思春期、高校に入ってからでした。
化粧っけもなく、毛のお手入れもほとんどしたことがなかったのですが
恋愛をするようになり自分の体に目を向けるようになりました。
そうすると周りの子たちは毛の処理をきちんとしていて綺麗なんだということに気がつきました。

そこから自己処理をするようになりましたが
最初はムダ毛処理の仕方もわからずただかみそりで剃っていました。
しかし赤くなってしまったり、皮膚の中にうずもれて生えてくるムダ毛もあったりしたので
どんな風にすれば周りのように綺麗な足や腕になるんだろうと悩んでいました。
相談するにしても「ムダ毛」の悩みなんて恥ずかしくて聞けません。

今思い出すと、中学校でいじめられていた原因にひとつに「ムダ毛」があったのではと思います。
すね毛もしっかり生えていて、眉毛もつながっていて、腋毛の処理も甘かったので
正直、不衛生に見えていたのではないかと思います。
「処理したら」といわれても私なんかが綺麗に見られたいなんて思っていると思われることが恥ずかしくて
「私は自然でいいの」なんて反発していましたが、

客観的にみてみると「あのこ毛生えてる。処理くらいしなよ」といわれるレベルだったとわかります。
高校生になってから自己処理が始まり、色々なやり方をためしていきました。
そしてこのコンプレックス解消は「脱毛」しかないと思い
社会人になってお金をためて脱毛することができました。
本当に快適で、学生のときにしていたらどんなにラクだっただろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です